平安天鳳作雛人形の標準仕様(まとめ)

ホーム > ひな人形 > 平安天鳳作ひな人形 > 人形の標準仕様

■人形の標準仕様(単体)

 

殿


芯材 伝統的に使われる自然素材を使用。
腕の部分に藁。中心に太い針金が通っています。
本着せ

本着せ
本仕立

本物の十二単と同じ製法で作っています。

衣裳に使用する織物は正絹です(タグがつきます)。織物の仕様により、金糸の刺繍等が入る場合があります。

手足 手・足 木製、一刀彫。
顔 本頭

姫の髪飾りにはプラスチックを一切使用していません。
商品毎に異なります。

取扱店によって桐塑頭の場合がございます。



ひおうぎ 檜扇

木製。
作品毎にデザインが異なります。

殿 えぼし 烏帽子  
しゃく 木製。
刀 作品毎にデザインが異なります。
せきたい 石帯

牛革製。

ぎょたい 魚袋 木製・手彫り。
商品毎にデザインが異なります。
※碧南人形・安城人形館における店頭販売時の基本仕様(最低限の仕様)です。

「本着せ」は天鳳堂の実用新案
ならびに登録商標です

本着せと並着せの比較画像

雛人形の打掛

平安天鳳作ひな人形・全国取扱店リスト

天鳳堂直営店のご案内